自己破産相談ネットは、愛知県・岐阜県・三重県で借金の返済が苦しく自己破産を検討している方へのサイトです。

  • 愛知の専門家「あすなろ法律事務所」 國田 武二郎 弁護士
  • 岐阜の専門家「みずほ総合法務事務所」 古山 亨 司法書士

「破産解決、債務整理、住宅ローンの専門家」 あすなろ法律事務所 所長 國田 武二郎 弁護士

自己破産という言葉で検索し、当ホームページをご覧になられている皆様、
いま皆様の状況はそれぞれ違うかと思います。

□ 消費者金融・カード会社の複数社からの借入がどんどん増えてしまっている。□ 住宅ローンを滞納してしまっている。□ 転職や退職によって収入がダウンし、今後の支払ができないことがわかっている。

など、
状況は違うでしょうが、皆様がすぐにとるべき行動は一つに集約されるかと思います。
それは早い段階で債務整理・破産・住宅ローンの専門家(弁護士・司法書士)に相談されることです。

相談されることにより、
・お客様によっては破産する必要なく、借金の任意整理をすることで済むこともあります。
→この場合、消費者金融会社と月々の支払額を取り決めて可能な範囲で返済します
・住宅ローン滞納していた方も、金融機関とリスケジュールすることで競売など家を売却する必要がなくなることもあります。

私たちからすると、早い段階で相談を受けるほど、より軽度な解決方法になることが多くあります。 病気と同じで末期での相談では解決しづらいことも多いのです。 このホームページをご覧になった皆様、新しい生活に向けて早く行動に移しましょう。

自己破産のメリット、自己破産する前に知っておくべきこと

自己破産のメリット
催促や取立て行為が一切なくなります。
すべての借金が取り消しになります。(税金の滞納は除く)
借金で苦しむ生活から、借金のない生活に再スタートできます。
自己破産の注意点
5年から7年の間、新たな借金をしたり、クレジットカードをつくることが難しくなります。
国の機関紙である官報に掲載されます。
ただし、官報は一般に知られた書類ではないので公に知られることはないと言えます。
(近所、親戚、会社など)

自己破産の相談をして借金問題を解決したお客様の声

給料を差押され、住宅ローンも滞納していた時に一応と思って電話したのがよかった!
(30代 男性)

小遣いの穴埋めのつもりで、消費者金融から借入をしたのが最初でした。
妻には内緒で、カードの返済をするためにまた違う消費者金融から借入を続けた結果、借入は300万以上に広がり、サラ金から給料を半分差押えされている状況でした。
住宅ローンも滞納し、税金も滞納するようになった時にインターネットをみて相談に来られました。

»もっと詳しくみる

自営業でしたが、病気になったことで働けなくなってしまった。
自己破産しましたが今は体調も戻り、新しい生活をスタートできています。
(50代男性)

病気になって働けなくなってから、貯金を切り崩して生活費、返済に充てていました。
しかし、 それも数ヶ月すると難しくなり、マンションの住宅ローンを返せなくなってしまった。
そこで、カード借入をして住宅ローンを返済していた。
それも数ヶ月すると借入限度額になり、どうしようもないと思い、相談しました。

»もっと詳しくみる

長年勤めた会社を人間関係で退職することに。派遣をしても生活費はマイナス
が続き・・・。今はアパート暮らしになったけど平穏に暮らせています。
(50代男性)

長年勤めた会社では役職も順調にあがり、収入もそこそこありました。
しかし、経営者との人間 関係もあって退職することに。
正社員で探しましたが見つからず、派遣でなんとかすることに。
しかし、月給15万円程度では父・母を含めて家族6人は養えきれず・・・。
自己破産してアパート暮らしになりましたが、借金を気にしない平穏な暮らしができています。

»もっと詳しくみる

破産を考えた時は、地域の弁護士、司法書士の専門家にご相談ください!

【初回相談無料】お電話の受付は・・・9:00~18:00(日曜日定休) 0120-281-003

ご相談フォーム


ページの先頭へ